GalleryMonma Exhibition / Event Schedule PastExbition Rental Access Contact Mailmagazine
copyright allright reserved.

Exhibition / Event 展覧会、イベント

  • 19monma_tate
    長澤裕子彫刻展–ミズノナカノカゼ–
    会期  2019年9月14日(土)-9月29日(日)
    時間  11:00-18:00(最終日17:00迄)
    会場  ギャラリー門馬ANNEX
    木彫・石彫・ドローイング等による展示ウィします。
    「記憶」の周辺・在り処をテーマに長年制作をしています。
    問合せ先  http://yukon.sakura.ne.jp

    プロフィール
    長澤裕子
    神奈川県川崎市生まれ・道北和寒町在住
    1997年武蔵野美術大学院彫刻科修了
    2000出身 大学研究滞在助成によりパリ国際芸術都市滞在
    2018個展/三浦綾子記念文学館
    個展/中原悌二郎記念旭川彫刻美術館
    2019個展/ギャラリーレタラ
    個展・グループ展多数(東京、宮崎、旭川、名寄、和寒町、フランス、イタリア、ドイツ、アメリカ、ポーランド、オランダ、カナダ等) 他、道内及び国内外各地にて石・木・雪彫刻・現地公開制作
  • omote
    クスミエリカ個展-Polyhedron-
    会期  2019年9月20日(金)-10月6日(日)
    時間  11:00-19:00
    会場  ギャラリー門馬
    タイトルであるPolyhedron(ポリへドロン)とは、英語で多面体を意味します。
    今我々が存在する現実世界は大きな多面体のほんの一面であって、別の一面には現実世界とは別の時間軸や空間が広がっているのではないかと私は考えています。
    現実の様々な空間や時間軸の世界を撮影し、切り取り、重ね合わせて再構成するデジタルコラージュ作品で、今我々が存在する面の別の一面、今ある世界の延長線上にあるかもしれない、様々な世界の可視化を試みます。
    札幌では2年ぶりの個展となります。東京、上野の森美術館のVOCA展2019で発表した大型作品も札幌初公開となります。
    ぜひご高覧ください。
  • 切り絵展 門馬DM 2 3_resize
    黒川絵里奈 切り絵展-Secret Factories-
    会期  2019.10.02-10.12
    時間  11:00〜19:00(最終日18:00まで)
    会場  ギャラリー門馬ANNEX
    -世界のどこかで、夢を紡ぐ秘密の工場-
    新作立体・平面作品、切り絵ARTアクセサリー等展示いたします。
  • フライヤー(ドラッグされました)_resize
    あれを見た、それを聞いた。そして触れた。
    会期  2019.10.14-10.27
    時間  11:00-18:00
    オープニングレセプション
    10/14(mon)14:00-15:30
    会場  ギャラリー門馬


    プロフィール
    青乃早希
    1991年生まれ。2001年、ひょんなことから形而上学的問題に直面し、思索と創作を始める。2006年頃より文筆業および音楽制作を開始。以後、言語・音・色といった表現素材をフラットな物理現象と捉え、「言葉にならない感覚」、「物理的現象による想像的現実の創造」、「理想と現実」といった抽象問題をジャンルレスな表現手段を用いて探索している。
    70845015_397413060974557_3816534671102050304_n

    大橋鉄郎
    1994年北海道札幌市生まれ。2016年、札幌大谷大学芸術学部美術学科メディアアートコース卒業。2019年、東京芸術大学大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻除籍。主な展示に、「いえい、頑張っていこうよ。」SalonCojica(札幌市/2019)、「遊び場の力学」CafeHammock(三鷹市/2017)、「複雑なトポグラフィー-動態と変化-」栗林公園(高松市/2016)などがある。
    70969677_386267478722552_8151426522796785664_n

    葛西由香
    1993年北海道網走市出身。2016年、札幌大谷大学芸術学部美術学科日本画専攻卒業。日常風景が持つもう一つの表情に視点を当て制作している。主な展示に、個展「201号室、傍らの些事」大丸藤井セントラルスカイホール(札幌市/2019)、「アートフェア札幌2017」クロスホテル札幌(札幌市/2017)、「500m美術館vol.19いつかきたみち、こどもみち」札幌大通地下ギャラリー500m美術館(札幌市/2016)などがある。
    70633662_682902845526329_3019122848129089536_n

    カワイハルナ
    1992年生まれ、東京在住。幾何形態で構成された独自の立体物を描いている。国内外の展示に参加。装画、雑誌などのイラストも手がける。第17回グラフィック「1_wall」ファイナリスト。主な展示に、個展「object」ANAGRA(東京/2017)、グループ展「光るグラフィック展2」クリエーション・ギャラリーG8(銀座/2019)、二人展和田朋子×カワイハルナ「DimensionClash」(CIBONE青山/2019)などがある。
    70510526_1115254498663796_6634577827721117696_n

    吉川永祐
    1997年島根県仁多郡奥出雲町生まれ。2017年金沢美術工芸大学美術工芸学部美術科油画専攻入学。現在3年次在学中。主な展示に「ククリトル」芸宿(金沢市/2019)「種蒔く人」アートベース石引(金沢市/2019)などがある。
    70795363_535037957269515_6308218097715118080_n

    栗原啓輔
    1978年茨城県石岡市生まれ。スケートボード研究者(在野・歴20年)スケートボードは、求めるものがない環境の中で子供のごっこ遊びのように「ものの抽象化」を中心に発展していった。その発展には常に日常生活の中で現れる身体の記憶の再認があり、それは志向的構造によって支えらえれている。哲学、文化人類学、心理学等を援用し研究。(写真家)レディメイド・エンタテインメントフライヤー
    71185488_3033036766722975_4253096059263254528_n
    櫻田竜介
    1991年生まれ・札幌市在住。2016年北海道教育大学岩見沢校芸術課程美術コース卒業。札幌でコーディネーター業務のかたわら、視覚イメージと身体的な感覚の往復をテーマに制作を続ける。主な展示に「それぞれの時間」さっぽろアートステージ(札幌市/2019)など。
    70474919_352924218916758_7660468647982268416_n
  • タキシラサーカスweb
    稲場麻佑展-タキシラ・サーカス-
    会期  2019.10.22-10.29
    日時  ◼︎トーク&パーティ 10月27日(日) 16:00から
    時間  11:00-19:00
    トーク&パーティ 10月27日(日) 16:00から
    会場  ギャラリー門馬ANNEX
    喜びも悲しみも、
    全てはいつか過ぎ去っていくもの。
    私の心に鮮烈な残像を残して
    ーーまるで幼い日に見た、あの旅するサーカスのように。

    今回、1年と半年ぶりに札幌で展覧会を開催いたします。
    前回の札幌での展覧会以来、様々な出会いや別れがありました。
    特に、今年6月に他界した愛する祖父との別れは、「生と死」をテーマに制作を続けてきた私にとって大きな意味を持つものとなりました。
    今回の展覧会は、「人生」と「サーカス」をテーマとし、亡き祖父へ思いを捧げます。
    問合せ先  http://mayuinaba.mystrikingly.com/

    プロフィール
    稲場 麻佑
    画家。北海道在住。
    札幌を拠点に、海外や東京でも展覧会を開催。
    2012年より恩師である画家・松浦章博氏のもとで芸術と禅を学び、文学、哲学から影響を受けつつ作品を制作している。

    2012 FAM美術研究所に入学
    2017「CONTEMPORARY PAINTING」The Brick Lane Gallery、ロンドン
    2018 稲場麻佑展「愛する人たちに」カフェエスキス、札幌
    2019 6月 稲場麻佑・Benedict Yu二人展「午睡の夢のファントム」フラッグ・ギンザ・ギャラリー、東京
pagetop