GALLERY 門馬
about

旭ヶ丘という札幌の中でも端正な住宅地に位置するギャラリー門馬は「スペースM」という仮の名称で年に2〜3回、オーナーである門馬よ宇子さんの好意で札幌の若手現代美術作家の企画展を行っていた場所です。
この度、札幌からの新たな文化創造と発信、さらにより多くの人々に芸術との接点を持ってもらうことをを目的に、改めてギャラリー門馬として開設する運びとなりました。従来からの吹き抜けならびに展示空間のリニューアルを行い、新たに現代建築家、赤坂真一郎氏設計のANNEXが増築されています。
このANNEXのコンセプトは周辺環境にダイレクトに反応する冷暖房設備すら持たない筒状空間で、訪れる人々やアーティストは季節や時間、天候に合わせて自らの行動を設計しなければならないという大変ユニークな展示空間です。

[ANNEXについての詳細はこちら]

ギャラリー門馬ではギャラリースペースレンタルもしており、
こんな使われ方をしています [→見る]